『星野リゾートの事件簿』中沢康彦

『星野リゾートの教科書』が面白かったので、

立て続けに読んでしまいました。

 

星野リゾートの現場で起こる

様々な経営課題とそれに立ち向かう現場スタッフ

の奮闘ぶりについて描かれています。

 

星野リゾートの再生手法

line

星野リゾートは、経営の立ち行かなくなった

リゾート施設の運営を受託し

再生させるのをメインの事業としています。

 

そのため、常に逆境からのスタートを

余儀なくされています。

 

そんな中でも、数ある事案を次々と

成功に導いて来た手法は、ホテル業だけでなく、

様々な分野に応用できるものだと感じました。

 

というよりは、『星野リゾートの教科書』で

知った通り、既存のマーケティングのフレームワーク

に忠実に、それをチーム一丸となって

やりきっているという印象を受けました。

 

<リゾート再生のフレームワーク>

1:市場調査、その施設のポジションの把握

2:上記データに基づいたコンセプト決め

3:コンセプトに基づいて必要な戦術の洗い出し

4:戦術の具体的実現方法の決定

5:実施

6:実施内容の評価、改善

7:その繰り返し

 

上記2〜7まで、現場スタッフが中心となって

決定すると言うから驚きです。

 

星野社長はというと、議論には参加しますが、

聞き役、助言役に徹し、現場のスタッフの

意見を支配してしまうような事はしないとの事でした。

その施設を訪れるお客様の事は現場のスタッフの

方が良く知っているし、自分たちで作り上げたもの

だからこそ、皆がその施設の再生にコミットできる。

それが星野社長の考えです。

 

サービス業に限らず、

どんな組織でも、現場の社員が

自ら考え、動ける組織が強いのだなと感じました。

 

上記のフレームワークを現場のスタッフが

自分事化してやりきれば、

やらされる仕事でなく、

自らの仕事になり、やりがいも自然と

生まれるのだと思います。

 

言葉にしてしまうとシンプルですが、

これを現場に押し付ける事無く、

現場を主役にしてしまうのが星野社長の

人柄であり手腕に違いありません。

 

今、幸いな事に自分も現在の仕事で

同じような事を体験させてもらっているので、

このフレームワークを積極的に実行に

移して行こうと思います。

 

いやー、しかし星野リゾート、どこでもいいから

一回泊まってみたい。