「ラブリコ」を作っている会社が気になって調べてみた

 

改装できない賃貸のセルフリノベーションに欠かせない「ラブリコ」。オープンクローゼットを作ったり食器棚を作ったり、最近多用しています。

 

改装出来ない賃貸でも容易に柱が建てられ、柱を立てる事で壁が作れ、壁を作れることで構造物が作れます。非常にシンプルな造りですが、セルフリノベの幅を一気に広げる革命的なすごい商品だと思いました。

 

べた褒めですが。マジですw。

こんな素晴らしい商品を作っている会社のことが気になり調べて見た所、なるほどなと発見があったので紹介したいと思います。


平安伸鋼工業株式会社

https://www.heianshindo.co.jp/

創業が昭和27年と、非常に歴史がある企業で、現在は三代目の方が経営されています。サイトを見てみると非常にスタイリッシュなデザインで、WEB上での見せ方に気を使っている印象を受けました。老舗企業にありがちな、いにしえのWEBサイト感は一切ありませんw

 

商品紹介のページを見ていて「あっ」と思いました。これを作っている会社か!と。どの家庭にも必ず1つはある「突っ張り棒」の会社でした。

 

 出典:平安伸鋼工業WEBサイトより

確かに、ラブリコもいわゆる「突っ張り棒」の延長線上にあるものです。こういった背景の元に誕生した商品だと知って、感動しました。「収納」や「家具を支える」といった、生活機能重視の製品から、生活を豊かにする付加価値製品へ。「突っ張る」事への追求と、ライフスタイルに寄り添い続けた結果がラブリコという発明を生んだのだと思いました。

 

ニッチでも、自分が情熱があることを追求することの尊さ、継続×イノベーションの価値はこういう所にあるのだと、勉強になります。

 

更にサイトを見ていくと、また面白い製品を見つけました。


DRAW A LINE

https://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/

出典:DRAW A LINEのWEBサイトより

「突っ張り棒」と呼ぶにはオシャレすぎます。限られたスペースをどう有効活用するか?というのが突っ張り棒の本質なのかもしれません。デザイン性と手軽さが加わる事で、空間を彩るインテリアにまで見事に昇華しています。

狭くて収納も少ない日本の賃貸市場にもマッチしており、今後かなり売れそうですね。

 

 

出典:平安伸鋼工業WEBサイトより

平安伸鋼工業のビジョンです。非常に共感出来ます。追求と継続の中から生まれるアイデアを行動に起こす。勉強させてもらいました。

 

引き続き、平安伸鋼工業の活躍を注目していきたいと思います。