「引っ越し=引き継ぎ」改装可能賃貸を引き継ぐ

改装可能賃貸から引っ越すとき、

それをどう引き継ぐか?

今回はこの事について考えてみたいと思います。

 

人から人の手に渡る度に魅力的になる物件。

改装可能賃貸がそうであるためには、

きちんとした引き継ぎのフローが大事だと

僕は考えました。

 

引き継ぐべき情報とは

line

どういう情報を引き継ぐのが適切か?

 

僕なりに考え、以下の要素があると

スムーズに行くのではないかと思っています。

 

(1)物件に価値を与える情報

・前の住人の改装コスト(時間、費用)

・その他付加価値情報(メディア掲載実績等)

前の住民の痕跡を「付加価値」に置き換えその物件を魅力的に見せます。

 

(2)改装作業に必要な情報

・改装時の資材調達先リスト

・業者を巻き込んだ場合はその業者の連絡先

全く違う部屋のテイストにする場合は別ですが、ある程度テイスト

を引き継ぐ場合には、同一の材料が必要になるため。

また、材料が調達できる場所を共有する事で、

DIYの効率を高める事が出来る。

 

(3)住むために必要な情報

・建物のルール(改装の時間帯)

・近所の情報(周辺施設等)

・水、電気、ガス等等の情報

・日照、生活音、季節変動について

DIYが目的ではなく、快適に住まう事が目的のため、

そのために必要な情報を引き継ぐ事が必要。

※前の住民が一番良く知っている部分でもある。

※ご近所トラブルを防ぐ目的もある。

 

(4)余白の情報

・やろうと思って手を付けられなかった部分

・技術が足りずに出来なかった部分

完璧な空間よりも、まだ手を加えられる

余白がある事を示す事で、自分色に染められる「隙」を示す。

 

 

反対に、 これは引き継ぐべきでない

と思うのが、前の住人の「こだわり」であったり

「想い」みたいな、暑苦しいやつです。

 

ここのバランスが難しい…

次の住人にとっては全く関係のない話なので、

押しつけがましくならない程度に、

物件を魅力的に伝える必要があります。

 

事務的でありながらも、

ワクワクしてもらえるような内容が

ベストですね。

 

今後上記事項をドキュメント化し、

自分の引っ越しの際にオーナーに提案

してみたいと思います。

 

何かアイデアがありましたら

是非力をかしてください!

引き続きよろしくお願い致します。

 

 

Related posts

Top