『人生を3つの単語で表すとしたら』一倉 宏

大学時代に出会った本で、

久しぶりに自分の本棚から引っ張り出してきました。

※サイトのネタに…困っているわけでは…あ、ありませんよ!

ichikura

 

※写真はamazonより。

コピーライターの一倉宏さんのショートエッセイ集です。

 

人生を3つの言葉で表すとしたら…。

なんだか胸がざわざわっと動いたのを覚えています。

 

人が死ぬときに、側にある大切な物って

案外3つくらいなのかなーと。

 

全ては手に入れられないし、

手に入れようとすると、何も手に入らない。

そんなような事もこの本のタイトルからは感じ取れます。

 

その3つには、実はもう出会っているのかもしれません。

今この瞬間を精一杯生きる事。

 

私がこのエッセイ集の中で一番大好きなのは、

『彼女のための収穫』というタイトルのエッセイです。

 

大切な人の事を思い出して、とても心が温かくなります。

 

Tags

Related posts

Top