ADDress|定額住み放題サービスのパイオニア

連携施設も含め2021/6時点で158施設、定額住み放題では日本最大級の規模

ADDressのまとめ利用者は全国の施設を利用可能
各拠点、仕事や生活に必要な設備を完備(wifi等)使い放題で定額44,000(税込)/月〜同伴者は1名まで無料で滞在可能同一拠点での連泊上限は7日間まで法人契約有り生活をサポートする家守(コミュニティマネージャ)の存在家守が各人のスキルや得意分野を活かし、情報や体験を提供

定額住み放題の分野では、日本のパイオニアでありながら、最大規模を誇るのが今回紹介するADDressです。私のサイトでも何度か紹介しましたが、一番初めに取り上げたのが2019年の2月。その時は、まだ利用者を人数上限を設け、人を集めている段階で、拡大の余地については明確に想像できませんでした。それから早2年、急激に施設数と利用者を増やし一気にサービスは急成長。利用者の増加はコロナ禍でリモートワークが普及したことも後押ししたかもしれません。施設の増加は昨今の空き家の増加と活用を促進する機運が追い風になっているのではないでしょうか。まさに時流に乗りまくった新しいサービスだと思います。

拠点数の増加がアドレスホッピングをより現実的なものに
サービスが出た当初、私が懸念していた1番のポイントは物件数でした。多拠点生活は魅力的でありながらも、移動が前提となるので、あまり物件数が少ないと移動のコストが割高になると思ったからです。そんな問題は過去のもの、現在では以下のMAPにある通り、拠点から拠点に移動するライフスタイルが現実的になりました。

家守の存在が施設を持続可能に

ADDressがここまで急速に拡大し、定着し始めた背景としては、コミュニティマネージャの役割をする家守の存在が大きいと感じました。ただ場が用意されているだけでは、ホテルでいいはずです。利用者がADDressに求めるのは、拠点毎での特別な体験や、人との出会い、地域を感じることだったりするのではないでしょうか。そんなニーズに対して地域の専門家である家守は絶妙なポジションです。転々としながらも1つ1つの拠点が好きになり得る魅力を備えている。仕組みの上に、ハートも乗っかった強くも偉大なサービスだと感じました。

ADDress サイトデータ

WEB https://address.love
物件数 158件(連携物件を含む)
エリア 全国47都道府県
用途 住居、ワークスペース
運営元 株式会社アドレス

※2021/06時点。最新の情報はWEBサイトをご確認ください。

ADDressの関連記事