TOKYO CITY SYMPHONY

技術に疎いと、WEBディレクターって致命的あなぁと思い知らされた

サイトがあります。

 

TOKYO CITY SYMPHONY

 

3Dプロジェクションマッピングという技術を利用して、

ミニチュアの街に、映像を投影するという技術です。

それを、ユーザーのキーボード操作と音楽・映像を連動させて、

百人いれば、百通りの街の姿を描き出そうとする試みになっています。

 

3Dプロジェクションマッピング・・・、音楽と操作を組み合わせる・・・、

映像も・・・。

自分の中にいろいろな引き出しを持っていないと、できる事の幅も当然

狭くなるし、どんな仕事にも探究心、創造心は忘れてはいけないなぁと

身が引き締まる思いでした。

 

調べていると、これをつくったディレクターの方の記事を発見しました。

制作されたのは国内でNo1といっても過言ではない

クリエイティブ集団のバスキュールに所属する大八木翼さんと馬場鑑平さん

という方だそうです。

 

「東京が世界に負けるのが嫌。世界レベルしか目指していない」

 

インタビューの中で、一番印象に残っている言葉です。

自分は正直こんな意識で仕事をした事がありません。

仕事に取り組む姿勢は人それぞれだとは思いますが、もの作りのプロでありたい

と思っている自分にとって,自分の意識の低さを痛感させられるような

メッセージでした。

city2

▼ 演奏する都市を3つから選べます。

city3

▼ キーボード操作、もしくはマウスで音楽を選択します。

city4

▼ 自分のタイピング、マウス操作によって音楽が出来上がっていきます。

city5

▼ 完成したら自分の名前を登録します。ソーシャルとも当然連携しています。

city6

▼ 最後にシェア。シェアしなくても大丈夫です。

city7

 

Related posts

Top