体験を提供してこそ

久々の投稿です。

師走だからといって、ライフワークがおろそかになるようでは、

だめだめですね。反省。

 

突然、自分の話になるのですが、

僕は以前WEBサイトの製作ディレクターを

やっていました。

 

ですので、WEBサイトの最近の潮流や、

新しい技術の話は今でもちょくちょく気にしています。

 

言わずもがなではあるかと思いますが、

CSS3、HTML5によるWEBサイトや、

フラットデザイン、パララックスサイトが

最近のWEBデザインのキーワードとしては、

良く聞くものかと思います。

 

けれど、WEBディレクションを担当していた当時

としては、これらの技術や、新潮流はどこか他人事で、

活用しようとすらしていませんでした。

 

獲得系の案件(情報を整理して、CVRを向上させる)が

多かった事もありますが、チャレンジは出来たと思います。

それは、自分の視野の狭さ、先を見通した上でどういう表現が

クライアントの長期的な利益につながるかまで考えられて

いなかったためだと反省しています。

 

最近目にして、ハッとしたのがこちらのサイト。

今まで自分がやって来た事とは、全く違うタイプのサイトのあり方でした。

説明的な要素は極力省き、ユーザーにサイトを体験させて、

その世界観を理解させる事に重点が置かれています。

※こちらのサイトはCSS DESIGN AWORDSを受賞しています。

http://www.cssdesignawards.com/sites/midori-aoyama/23957/

 

midori2

 

※製作元のLettersさんのサイトもすごい世界観

http://letters-inc.jp

 

ブランディング系の案件では無くても、

サイトから、その世界観を伝える事はとても重要だと感じました。

サイトの情報を整理や、レイアウトよりも、

最もCVR向上に貢献するのは、実はこのポイントなのでは無いでしょうか?

 

ユーザーのウェブリテラシーは確実に年々向上しています。

だからこそ、ある程度導線設計の部分は

ユーザーに甘えてしまって感覚的に。

心を動かす世界観を、最新の技術を使ってどう表現するか?

これからのWEBクリエイターに求められるのは

こういった感覚なのかも知れません。

 

世界観 × 獲得。

またWEBサイト製作に携わる機会があれば、

そういう視点で提案をしてみたいと思います。

 

Tags ,

Related posts

Top