役に立つかどうかより、好きと情熱

 

急にエモいタイトルでどした?という感じですが、最近そう感じます。

 

今までは、何か始めるにしてもやることの意味や、将来役に立つか?みたいな事を考えて尻込みしたり、中途半端にしてきた事が多かったのですが、ふとそう考える時間が無駄な事のように思えてきました。

 

まずやってみてみる。好きなら続ける。石橋を叩き割る側の人間なのでそれくらいシンプルに物事に向き合い、気楽に構えず行きたいと思います。

 

最近行ったお店で、そう言うピュアな情熱を感じるお店があったので少し紹介します。好きに忠実に、こだわる事で価値を産む。そんな人間に私もなりたい。

 

輸入ポスター専門店「ナップ・フォード・ポスターマーケット」

line

殺風景な部屋に何か欲しいと思い、検索して見つけました。冒頭のラフランスのポスターはここでGETしました。

小田急線、参宮橋駅近くに実店舗があります。オンラインSHOPも充実しています。

 

ナップ・フォード・ポスターマーケット

https://knapford.com/

 

ポスターで7万!?こんな世界があるのかと衝撃を受けました。

ポスターと言うと画鋲で壁にべたっと貼るイメージでしたが、ここまでくるともはやアートの世界です。実際にどれをとってもデザインが斬新で個性的。しっかりセレクトされてこの場に陳列されている印象を受けました。オーナーのポスターに対する情熱を感じます。

これだけの量のこだわりが集まると、ポスターの素人である私もシンプルに「すごいな」と思いました。アホみたいな感想ですがwこだわりが価値になるって、こう言うことなんだなぁ・・・。

※ちなみに僕が購入したポスターは1,000円ちょっとのめちゃお手ごろなやつですw

 

ポルトガル伝統菓子のお店「ナタ・デ・クリスチアノ」

line

エッグタルトと言うと、マカオのやつを想像する人も多いのではないでしょうか。僕はこのタルトに出会って、「エッグタルトといえばポルトガル」に完全に切り替わりました。実際にポルトガルに行って、本場のエッグタルトの味を確かめるくらい好きです。

※個人的な感想ですが、ここのは本場のやつより美味しかったです!それくらい本気のこだわりを感じるお店です。

 

お店は小田急線代々木八幡駅から歩いてすぐの所にあります。ポルトガル伝統菓子であるエッグタルトを中心に、様々なポルトガル菓子や食事を販売しています。

ナタ・デ・クリスチアノ

http://www.cristianos.jp/nata/

 

お店の内装もポルトガルの伝統的なタイルが使われていて、ポルトガル愛が伝わってきました。また行きたいなぁ・・・。

ポルトガルのエッグタルトで勝負しよう!と打算的な考えならなかなかたどり着かないですよね。「好き」や初めて食べた時の「衝撃」から始まるからこそ、唯一無二の個性的なお店が生まれ、人を感動させる味にたどり着いたのだと思います。

 

商売になるかより、自分が好きかどうか。

そこに立ち返ろう。

 

好きに突き動かされる衝動を今年は大事にしたいと、エッグタルトをぱくつきながら思ったのでした。

Related posts

Top