Hans Jørgensen Wegner – ハンス・J・ウェグナー

巨匠を訪ねて、第8弾。

デンマークの巨匠ハンス・J・ウェグナーを取り上げたいと思います。

 

これまでの巨匠も当然そうなのですが、

僕ごときがとやかく言ってはならない程の大巨人です。

 

冒頭の写真は、今でも世界で広く愛される

ウェグナーの代表作の「Yチェア」です。

(写真はhhstyleより)

 

Hans Jørgensen Wegner – ハンス・J・ウェグナー

bar

 

ハンス・ヨルゲンセン・ウェグナー(Hans Jørgensen Wegner、1914年4月2日-2007年1月26日)は、デンマークの家具デザイナーである。生涯で500種類以上の椅子をデザインし、20世紀の北欧デザイン界に多大な影響を与えた。その椅子はニューヨーク近代美術館をはじめ多くでコレクションされている。(Wikiペディアより

 

中でもウェグナーがデザインした、

「ザ・チェア」は世界で最も美しい椅子と言われているそうです。

the

 

(写真はE-confortより)

この椅子を見たときに思い出したのが、

先日1日家具工房体験をさせていただいた、アゲハオリジナルの

風間さんに伺った「3次元曲線」のお話でした。

 

平面の椅子は誰にでも作れる。

難しいのは、3次元の曲線をいかに実現するか。

 

「Yチェア」も「ザ・チェア」もそこまで複雑ではありませんが、

曲線と曲線の組み合わせの3次元曲線で出来ています。

 

そのせいか、体が包み込まれるような柔らかい印象で、

快適な座りごこちがデザインから連想されます。

 

書いていて思ったのですが、

「座り心地を連想させるデザイン」ってすごいですね。

もしかすると、ここがウェグナーの作品が広く愛されるポイント

なのかも知れません。

暮らしの道具としての「椅子」デザインの本質が

ウェグナーの椅子にはあるのだと感じました。

 

manabi

 ・座り心地を連想させるデザイン

 

 

Related posts

Top