DIY情報、勝手にセレクション

今回はサイト更新のリハビリもかねて、

最近盛り上がりをみせつつあるDIY関連の

情報を勝手にピックアップして

紹介して行きたいと思います。

 

リハビリばっかりしてるような

気もしますがw

 

DIY FACTORY OSAKA

line

TOKYOにもできないかなー。

WORKスペースを兼ね備えた、大型工具店です。

DIY用品の通販サイトを運営する、株式会社大都が

プロデュースしています。

 

http://www.diyfactory.jp

 

スクリーンショット 2014-08-24 16.28.27

 

店舗やサイトのデザインもおしゃれで、

若者への需要創出に一役買っていると思います。

DIYって言うと、お父さんの日曜大工って感じで

シュッとしたイメージは持ちにくかったのですが、

最近こういうデザインや、ライフスタイルと

上手く絡めた動きが増えて来たので、

イメージもどんどん変わってきていると思います。

 

UR都市機構のDIY住宅

line

UR都市機構が提供する

原状回復義務が免除された賃貸住宅です。

 

http://www.ur-net.go.jp/akiya/tokyo/tate/project/project04.html

 

スクリーンショット 2014-08-24 16.40.30

 

入居者が改装する際の

注意点やステップがまとめられているので、

初めての方でもスムーズにDIYできそうです。

 

BUKATSUDO

line

BUKATSUDOとは、横浜のみなとみらいに今年オープンした、シェアスペースです。

http://www.bukatsu-do.jp

 

ワークラウンジや、キッチンスペース、アトリエ、ホール、スタジオ等、様々な活動の受け皿となるハードがひとしきりそろっています。

 

スクリーンショット 2014-08-24 16.58.06

 

こういったワークスペースや、場をシェアできるスペースが最近増えていますが、

こういう場が成立するのは、働き方、情報の発信、収集の方法が明らかに変わって来ている証拠ですね。

 

HAGISO

line

木造アパートを、東京芸術大学の

学生達が中心になり、

シェアハウス、アトリエとして

転用したのが始まりです。

 

スクリーンショット 2014-08-24 17.17.07

 

http://hagiso.jp

 

現在では、カフェ、アトリエ

貸しギャラリー、美容室と、

他用途に使われ、文化施設としての

役割を担っています。

 

こういった文化的な活動の

拠り所として、空家や古民家、

空きスペースがもっと活用されればいいのに。

住む意外の用途でも、考えてみよう

と思えるきっかけになりました。

 

以上です。

紹介しただけで、

特に考察もありませんが、

自分が興味のある分野の情報を

ストックしておく意味で

今後も続けて行きます。

 

Related posts

Top