改装可能賃貸を広めるにはどうしたらいいだろう?

という事を、最近良く考えています。

 

私が、改装可能賃貸を広めたい理由は、

とてもシンプルで、

従来の賃貸に比べて圧倒的に「自由」だから。

 

制約の少ない空間に住む人が増えれば、

その分だけライフスタイルが豊かになり、

何らかの形で、

世の中によい影響を与えると考えています。

(どんな形かは今は分かりません)

 

特に初めて賃貸に関わる若い世代へ

line

そう考える理由は大きく3つあります。

1:若者に必要なものだから

2:若い世代の将来に向かうベクトルを加速させるから

3:新しい常識を生み出せる世代だから

 

賃貸物件は、親元を離れて独り立ちする若者

ほぼ全てに必要なものです。

その空間が、制約だらけの不自由なものになっている現状を

なんとかしたいと考えています。

 

もし、若い世代の多くが改装可能賃貸に住めるようになれば、

自身の活動と住空間が駆け合わさって、

数えきれないくらい個性的なライフスタイルが

生まれるのではないでしょうか。

制約の少ない空間は、創造性をかきたて、

住空間がその活動の発信基地としての役割も担うかもしれません。

多様な住空間が世の中に新しいアイデアを次々と生み出す

土壌になればと思っています。

 

私もそうでしたが、改装可能賃貸に住んで、

これまでの賃貸に抱いていた常識が、いとも簡単に崩れ去りました。

早い段階で、出来れば初めての住まいで、

賃貸に関する、古い慣習や制約から自由になる人が増えれば、

世の中に新しい常識が生まれると考えています。

zu

(1のタイミングで改装可能賃貸に出会う人を増やしたい。改装可能賃貸を一般化し、2の動きも活性化したい)

 

改装可能賃貸の担い手

line

若い世代の中でも、もの作りに携わる人達が、

改装可能賃貸を広める担い手になると考えています。

 

直接建築に対する知見はなくとも、

何かを作りたいというマインドがあるからです。

 

彼らが、同世代のアイコンとなり、創造性のある部屋を次々生み出し

話題になる事で、そういったライフスタイルが伝播。

無関心な層も関心を持ち、行動を起こし始めたところで、

新しい常識が生まれるような気がしています。

 

kouzou

 

<登場人物>

1:改装可能賃貸に住む、もの作りに携わる若者

(独創性があり、ファッション性の高い部屋を次々生み出す)

2:1に共感し、行動を起こす1に近しい層

3:1、2に憧れるが、実現の仕方が分からず一歩踏み出せない層

4:無関心層

 

登場人物を自分なりに整理した上で、

どの層に、どういったアプローチをすれば

改装可能賃貸が広まりやすいかを分析してみました。

 

▼1に対して必要な事

・改装可能物件の提供

・活動を広めるメディア

・部屋のクオリティを高めるためのサポート

 

もの作りに対する探究心を爆発させられるような部屋(素材)

を発掘し提供する事がまず必要です。

そのためのプラットフォームはまだまだ十分とは言えません。

(賃貸でこんなことできんの!?と面白がってもらえるような)

 

また、もの作りは彼らの自己実現の手段でもあるはずと仮定し、

その活動を広めるためのメディアも必要だと考えました。

同世代のアイコンとして脚光を浴びる場は、

モチベーションにもなるはずです。

 

▼2に対して必要な事

・1の存在を知れるメディア

・1の存在を知ったときに行動を起こすための手段

 

感度が高いこういった層が、真っ先に反応すると考えました。

そうなったときに、どうすれば改装可能賃貸に住めるのか?を

すぐに知れて、行動に起こせる環境が整っていれば

改装可能賃貸へのシフトは加速すると予測します。

 

▼3に対して必要な事

・敷居を下げる事

・手段を分かりやすく解説する事

・メリット、デメリットをオープンにする事

 

個人的には、この層に対していかにしてアプローチするかが、

改装可能賃貸を広げる鍵だと思っています。

母数が大きく、ライフスタイルに対して積極的で、

一歩踏み出す可能性の高い人達だからです。

 

改装可能賃貸を、技術を持った一部の人達にしか

使いこなせる空間だと思われた時点で

広がりはなくなってしまうので、

「誰にでも出来る」という事を誤解無く伝える事が

大事だと思っています。

 

正しく理解してもらうには、

物件の見つけ方、見つけた後の改装の進め方、

材料の選び方、コスト、メリット、デメリットまで

丁寧に、伝わる伝え方で発信する必要があります。

WEBを使ったコミュニケーションに関してはこのサイトでも

もっともっと出来る事があると思うので、

コンテンツを充実させて行きたいです。

 

▼4に対して必要な事

・マインドチェンジ

 

賃貸住宅に対して求める事が、

近さだったり、新築である事、立地、

見た目だったりする層に対して、

「改装可能賃貸いいですよ」と言って理解してもらうのは

至難の業だと考えています。

 

1から3の層への広がり、定着があって初めて、

無関心層に「こういうライフスタイルもあるんだ」と

気づいてもらう事で、住空間に対するマインドチェンジが

生まれるのではないのでしょうか。

(一気に振り向いてもらうためのウルトラCがあればいいのですが・・・)

 

ざーっと、最近の考えを整理いたしました。

正しいか、間違っているかは分かりませんが、

そういった不安はいったん置いておいて、

出来る所から進めて行きたいと思います。

 

何かお気づきの点がありましたら是非お申し付けください!

ご覧頂きありがとうございました。

 

 

Related posts

Top