セルフリノベーションの「お金」Befre After

久々に、セルフリノベーション関係の記事です。

 

いきなり話は飛んでしまいますが、

最近「セルフリノベーション」で検索すると、

Yahoo!でもGoogleでも自然検索で1位に表示されるようになりました。

 

実は、「セルフリノベーション」1位狙ってました。

ニッチなキーワードだったので、

サイトを続けていれば、必ず達成出来るという確信もありました。

SEOで意識した点については、また別のエントリーで取り上げたいと思います。

 

セルフリノベーションの「お金」

bar

 

今回のエントリーでは、セルフリノベーション賃貸に住む前と

住んだ後の暮らしの変化を「お金」という視点で整理したいと思います。

費用対効果はどうか?って感じです。

 

結論!セルフリノベーション物件の方が

圧倒的にお得です!

 

まずは、実費の整理。

セルフリノベーションをするのにいくらかかったのかについては、

別のエントリーに記載しておりますが、ざっくり以下の通りです。

※参照記事:セルフリノベーションを成功させるための5つのポイント

 

約¥362,500

 

【初期投資】合計約 ¥300,000

・材料費、工具代、運搬費:約15〜20万円

(フローリング、下地材、木材、ペンキ、フロアタイル、工具一式、レンタカー代)

・ゴミ捨て代:約3万円

・電気工事代:約2万円

・その他雑費:約2万円

 

【その後のプチ改修】 合計約 ¥62,500

※PJ=プロジェクト

▼壁をギャラリー風に変えようPJ

約¥1,000 (木材、くぎ等)

▼押入をワードローブにしようPJ

約¥4,000 (丸棒、金具、ペンキ等)

▼余った素材でテーブルを作ろうPJ

約¥2,000 (L字金物、ネジ等)

▼押入を棚にしてみたPJ

約¥10,000 (木材、L字金物等)

▼棚にした押入を塗装してみたPJ

約¥10,000 (ペンキ)

▼天井と壁の間にディスプレイ型ハンガー掛け!? PJ

約¥500 (木材、長ねじ)

▼テレビ台を作ろうPJ

約¥20,000 (木材、ワックス、金具、ワイヤー、釘、ネジ等)

▼アイランドキッチンを作ろうPJ

約¥15,000 (木材、ねじ、クリア、ペンキ)

 

今の環境を作るのに、これだけの金額がかかりました。

こちらを前提に、セルフリノベーション賃貸に引っ越す前と

後での「お金」の比較をしてみたいと思います。

 

 

「お金」と「暮らし」のBefore After

bar

 

それでは、実際に経済的にはどのような変化があったのでしょうか?

セルフリノベーションの費用対効果という意味で、

「暮らし」の変化も交えながら整理していきます。

 

【引っ越す前】

11

月額¥96,000 年間¥1,152,000

設備が充実している分、電気代が高かったです。

無駄にIHヒーターでしたし。

ガス代については、浴室乾燥機を使用する際に発生していました。

家賃:¥82,000

水道代:¥4,000

電気代:¥7,000

ガス代:¥3,000

・立地:JR総武線両国駅 徒歩15分

・通勤時間:ドアtoドア 約40分

・面積:22㎡

・物件のスペック

-2階

-オートロック

-大通り沿い

-バス、トイレ別(ウォシュレット完備)

-全自動湯沸かし機

-浴室乾燥機付き

-周辺環境:ドラッグストア徒歩3分 スーパー徒歩5分

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

【セルフリノベーション物件】

1

月額¥69,000 年間¥1,052,500

※電気代は前の物件よりも抑えられました。

設備が古い分、高出力の機器がないためかと思われます。

また、契約の際に、20Aと10Aの電圧を選べたのですが、

低い方を選択したのも影響していると思います。

お風呂がバランス釜ですので、ガス代は若干高くなっています。

リノベ代:¥362,500

家賃:¥58,000

水道代:¥3,000

電気代:¥4,000

ガス代:¥4,000

・立地:相鉄線天王町駅徒歩5分

・通勤時間:ドアtoドア約1時間20分

・面積:48㎡

・物件のスペック

-6階

-築40年

-商店街沿い

-バス、トイレ別

-バランス釜

-周辺環境:イオン徒歩5分 市場徒歩5分 横浜駅チャリ10分

 

年間で、約¥100,000円ほど、セルフリノベーション物件が

安い計算になりました!

 

初年度は、¥100,000だけですが、初期投資が無い分

2年目からはさらに金銭的にセルフリノベーション物件が格安になる計算です。

 

2年目以降の比較

bar

※水道代、電気代、ガス代等込みの概算

▼引っ越す前の賃貸

月額¥96,000 年間¥1,152,000

▼セルフリノベーション賃貸

月額¥69,000 年間¥828,000

 

その差額、¥324,000

 

2年目以降は、年間¥324,000も以前の物件に比べて

節約できる計算です。

 

住環境も自分の好きに出来て、金額もこれだけお得。

セルフリノベーションの魅力、分かっていただけましたでしょうか?w

※ただし、こちらは水回りの改修をしなかった場合の金額です。

 

金銭的にも、環境的にもお得!

しかし、あきらめなければならない事…

bar

 

それはズバリ、以下の3点です。

私が知る限り、以下の3点をクリアする物件を探すのは

至難の業です。※もし出会ったら即契約してください。

 

・都内の好立地

・水回りの奇麗さ

・マンションの築年数

 

都心でセルフリノベーション可能な物件もありますが、

まず家賃は軽く¥100,000を越えてきます。

それ以内だったとしても、狭い事は必至です。

 

上記3点で、リノベーションで解決できるのは

水回りです。古い物件はお風呂がバランス釜だったり、

トイレが和式だったりする事が多いのですが、

水回りの奇麗さが条件として必須の人は、バス・トイレを

改修する事で解決出来ます。

 

賃貸で水回り改修するなら

中古マンション買っちゃうかも…

ただし、費用は最低でも¥500,000はかかると思った方がいいですね。

そうなると、セルフリノベーション賃貸に住む金銭的なメリットが

かなり薄れてしまいます。私の計算だと、月額費用の面でお得になるのは、

住み始めて3年目からになります。

 

ここまでするのであれば、中古マンション買っちゃいますね。

 

賃貸のセルフリノベーション。

一見、初期投資があるので割高に感じてしまいがちですが、

良い物件を見つけ、水周りと上手く付き合う事が出来れば、

2年スパンで考えたときに金銭的にかなりお得に住む事が出来ます。

 

自由な暮らし、金銭的なメリットみ魅力を感じた方は

是非!セルフリノベーションにチャレンジしてみてください!

Related posts

Top