天井と壁の間にディスプレイ型のハンガーかけ!?

以前、「押し入れをワードローブにした」の記事で、

押し入れをワードローブにする手順を紹介させていただきました。

 

今度は、天井と壁の間を利用して、ディスプレイ型の

ハンガー掛けを設定してみました。

 

材料は驚くほど少なく。大きく空間の印象を変える事に成功しています。

 

材料

bar

 

・少し眺めの木の板 1本

・眺めの木ねじ 4本

※木に色を付けたい場合は、ワックス

 

製作手順

bar

 

1:木の板の左右を、45度の角度で切り落とします。

※こちらは45度でなくても大丈夫です。つけたい角度によって調整してください。

 

2:木の板に下の写真のように等間隔に切れ込みを入れます。

※こちらが、ハンガーがかかる部分です。

 

3:天井と壁の間につっかえ棒をするように板をあてがい、ネジで固定をします。これで完成!

 

oshiire2

 

 

oshiire1

 

これは正しい事かは分かりませんが、

板を取り付けた事で、天井が今までよりも高く感じられます。

立方体の空間に、上に向かう「斜め」の要素が加わった事で、

そう感じられるのかもしれません。

 

tenzyo

 

今回利用した材料は、木の板枚と釘4本のみです。

本当に簡単にできるので、お!いいなこれ!と思った方は是非試してみてください!

 

これからもどんどんセルフリノベーションは続きます。

 

 

 

Related posts

Top