余った素材でテーブルを作った

セルフリノベーションをやるときに、いろいろと計画をたてて、

なるべく余りがでないように素材をそろえるのですが、

予想外の事態や、計画変更が起こり、余りが出てしまいます。

 

また、建具やゴミをすべて捨てていると廃棄物の処理費用が

かかってしまいます。

 

ではどうするか・・・

余った素材で家具製作でしょ!

 

という事で、余った素材や、いらない建具でテーブルをつくってみました。

 

<材料>

・余ったフローリング 約1.5畳分 ←余り過ぎw

・引き戸 2枚

・角材 約1メートル

・余ったネジ 複数個

・余ったペンキ

<新たに買ったもの>

・L字金物(木と木をネジで接合する金物です) 8個

 

 

<手順>

※かなりワイルドにつくっていますw

1:余った引き戸を2枚重ねにしてネジで1枚に固定します。

2:その上から余ったフローリングを1枚づつ貼っていきます。

※事前に引き戸の寸法を測り、合う長さに切りそろえてください。

3;テーブルの脚をつくるため、角材を4等分します。

※高さはお好みで調整してください。

4:脚を並べ、その上からフローリングを貼ったテーブル板を置きます。

5:固定のために脚と天板をL字金物で固定します。

※本当は構造用の当て木をするのですが、テーブルの背も低いですし、

脚の角材が太い場合は、特に不要だと思います。

6:余ったペンキで脚を塗って乾かします。

 

完成!!!

 

rehome5

 

扉の名残がありますw

ここはあえて塗ってしまわない方が面白いと思いました。

 

rehome3

 

 

下をのぞくと・・・。引き戸ですねw

これもこれで面白いと思っています。

 

セルフリノベーションをやるといろいろな副産物が出来てきます。

これは何かにつかえそうだとか、ここはもうちょっと変えたいなとか、

家にいても常に想像が働いて、常時微量のアドレナリンが出ている状態です。

 

セルフリノベーションに終わりなし!

これからもどんどん部屋を変えていこうと思います。

 

rehome9

Related posts

Top