メガネにタイポグラフィのストーリーを投影『TYPE』

TYPEという眼鏡ブランドをご存知でしょうか?

とても高いデザイン性で話題になっています。

 

先ほどもroomieというキュレーションマガジンで

取り上げられていました。

http://www.roomie.jp/2014/05/162734/

 

TYPEとは?

文字によるコミュニケーションにおいて、書体の違いがメッセージの伝わり方を変えるように、メガネのフレームのデザインの違いは、かける人の衣装に変化をもたらします。

(TYPEサイトより)

http://type.gs

 

 

タイポグラフィのストーリーをメガネへ

line

ブランディングの事例としてとても参考になる

ケースだと感じました。

 

メガネを他のメガネと差別化しようとしたときに、

・素材

・デザイン性

・作り手の情熱

・生産地

・上記ひっくるめてのストーリー

等、いろいろな切り口があると思います。

 

しかし今回のTYPEのケースに関しては、

「タイポグラフィ」という一見無関係の要素から

ストーリーを引っ張って来て、上手くメガネに付与しています。

 

Helveticaのストーリーは、TYPEのメガネの

ストーリーになり、このメガネはユーザーに

多くを語る事が出来るようになります。

感度の高い若者や、デザイン関係の仕事をしている人には、

Helveticaや、Garamondのファンが多いでしょうから、

そういった人達にTYPEのメガネは高い確率で

ぶっ刺さるはずです。

 

こういうやり方もあるのかと

またまた目からぽろぽろ鱗が落ちました。

 

Helvetica大好きなので、

機会があれば1つ手に入れたいものです。

 

スクリーンショット 2014-05-12 20.50.34

 

 

 

 

Tags

Related posts

Top