着心地を極限まで高める技術「LOOPWHEELER」

自分の中で、誰にでも文句なしに進められる洋服があります。

それが「LOOPWHEELER」です。

 

その理由は2つ。

1つ、着る人を選ばないシンプルなデザイン。

2つ、丁寧な製法に裏打ちされた着心地。

 

僕は、パーカーが大好きなのですが、

ここのパーカーは形も生地も良く、長く着続けられます

 

LOOPWHEELERとは

bar

 

LOOPWHEELER HP  http://www.loopwheeler.co.jp

LOOPWHEELER ONLINESHOP http://loopwheeler.jp

※以下LOOPWHEELERのHPより

「世界一、正統なスウェットシャツ」を。
そんな思いから1999年にLOOPWHEELERはスタートしました。
熟練した技術を持つ職人の手によって生み出される「着心地のよい」吊り編みものだけを世界に発信しています。

中略・・・

LOOPWHEELERの語源となっている、「吊り編み機=Loop wheel machine」は1960年半ばまではスウェットシャツの生地を生産するにはごく一般的な編み機でした。 その出来あがった生地の最大の特徴は「やわらかさ」、この言葉に集約されます。 人の肌に一番近い衣服として、またトレーニングウェアとしてくり返し洗濯してもその特性が失われない吊り編み生地の特性は、スウェットシャツやTシャツの素材として最適でした。 しかし、衣料品にも大量生産・大量消費の時代が訪れ、効率重視の生産体制が築かれる中、この吊り編み機は徐々にその姿を消してゆきます。

 

生産性と着心地、良いものを作り続けるためには、

必ず打ち当たる壁だと思います。

量を取るか、質を取るか。

 

LOOPWHEELERは質を取ったブランドです。

頑固で真面目なものづくりが、量産品では得られない「着心地」を求める

人に刺さっているのだと思いました。

 

スクリーンショット 2013-10-27 21.23.31

 

そして、見せ方も上手いと思いました。

WEBを活用し、自分たちのものづくりにかけるスタンスを

ちゃんと伝えているし、セレクトショップ等とコラボして、

自分たちのブランドへの入り口も多方面に作っています。

 

まじめなものづくりがちゃんと評価されるには、

技術とその良さを広げる「戦略」も大切だと感じました。

 

そんなわけで、久々にLOOPWHEELERのパーカーを

コンバージョン。今年の冬はとにかくお世話になると思います。

気になった方は是非!

本当におすすめです。

 

スクリーンショット 2013-10-27 21.25.05

 

 

Related posts

Top