インディアン・サマーとガジュマルと

観葉植物もお香も、なんかチャラい。

 

と思っていましたが、食わず嫌いも何かと重い、

両方やってみたらばちっと部屋にはまってしまいました。

 

お香にも、観葉植物にも負けない、雰囲気のある部屋になったという事で、

チャラいとか誰にも言わせませんw

 

ちなみに、お香はHRMの「インディアン・サマー」という物です。

http://www.deepinsideinc.com/item.php?id=11047&at1_id=20795

 

ガジュマルは近くのお花屋さんで入手しました。

インテリアショップで購入する3分の1くらいの金額で

びっくりしました。鉢がついて¥1,000です。IDEEとかだったら¥3,000はしそう。

 

インテリアコーディネーターの立ち位置

bar

 

急に話は変わりますが、インテリアコーディネータの立ち位置って・・・

とふと思ったので書いておきます。

 

インテリアコーディネータという仕事がありますが、

実態は結構謎です。

 

・インテリアショップにいるアドバイザー的立ち位置

・建築家に依頼されコーディネートする立ち位置

 

想像するにこんな感じなのでは無いかと思います。

だとしたら、僕は両方なりたくないなと感じてしまいました。

 

インテリアは自分のセンスで選ぶからこそ楽しいのであって、

人の意見を参考にする事はあっても、コーディネートをそのまま

丸投げする事はありません。

 

もし僕が建築家だったら、同じようにインテリアのコーディネート

も含めやりたいと思うはずです。

 

そう考えると、インテリアコーディネーターの立ち位置って結構微妙だなと

感じてしまいました。

 

ぶち抜いた分野を持つインテリアコーディネーター

bar

 

こんなコーディネーターであれば、

活躍の場は沢山あるのではと考えました。

 

・植物にやたら詳しい

・お香の専門家

・照明を自分で作っちゃうようなコーディネーター

・ビンテージ家具の専門家

 

使われる側としてのインテリアコーディネーターではなくて、

建築家や、デザイナーがアイデアのヒントを求めるような

そんな存在であれば、独自性があるのではないでしょうか。

 

それが成立するためには、ベースの知識と、

自分が没頭出来る得意分野を見つける事。

 

インディアン・サマーとガジュマルから思い至った次第です。

 

 

 

Tags

Related posts

Top