アイデア9『スタートアップ不動産』

概要

line

改装可能賃貸をどう広めるかを考えたときに、

今までは、ライフスタイルを軸に考えてきました。

今回は、少し視点を変えて、

改装可能賃貸×「?????」

ということで、

改装可能賃貸と、新しい事業を起こしたい人

という組み合わせで考えて行きたいと思います。

 

ニーズ

line

<登場人物>

・大家さん

・住人(事業を起こしたい人)

 

<大家さんのニーズ・課題>

・空家を活用したい

・築年数が古く、戸建てorアパートのため借り手が見つからない

 

<居住者ニーズ・課題>

・事業作りに没頭できる環境を求めている

・事業のランニングコストを抑えたい

・事業の運営スピードを早めたい

 

ソリューション

line

・コンセプト

場作りから始める事業作り

 

・サービス

改装可能オフィス兼シェアハウス

 

・サービス概要

ベースはシェアハウス。

複数人が共同生活をする場を提供する。

ただし、住民は1つの目的を共有する集団とする。

→ スタートアップ企業(超創業期)

住人は、物件を自分達の事業を成功させるために、

物件を自由に改装する事ができ、24時間事業作りに没頭できる。

目的としてのDIYではなく、手段としての

DIYという点がポイント。

 

また、家賃を「投資」に置き換え、

成功報酬とする。

・家賃タダプラン(成功報酬)

→ 事業収益の●%を●年以内にバック

→ 事業が成功しなかった場合は、居住期間分の家賃を支払い

※創業期に必要な資金を全て事業に回す事が出来る

 

<大家さんのメリット>

・ぼろぼろの空家を投資対象として有効活用できる

・物件を住民が改装する事でバリューアップにつながる。

 

<居住者のメリット>

・創業期のランニングコスト削減につながる

・自分たちのやりやすいように空間をアレンジできる

・シェアハウスの中で操業する事で事業スピードが上がる

 

<その他のサービス>

・メンター組織を設け、入居者に対して事業的なアドバイス

・他の若手事業者と横のつながりが出来るような、様々な情報提供

・大家側には、有望なスタートアップ集団の斡旋

 

想定される課題

line

・事業が失敗した場合の投資回収

→居住期間の家賃を、居住者で分割してさらに月払いにする

※投資期間の家賃支払いが遅れてやってくるイメージ

→契約期間を2年の短期にして、失敗した時の損失額を抑える

 

・投資期間の家賃収入が得られない

→成功報酬型にする事で、事前にリスクとリターンの説明

 

今回は、DIYを目的ではなく「手段」ととらえ、

アイデアを考えてみました。

気づいたというか、ハッとさせられたのですが、

DIYが手段って、実は当たり前というか

前提だったという事。

 

改装可能という事にこだわりすぎて、

本質を見失っていました。

 

自分に合った生活空間を手に入れるためのDIY

であって、DIYをする事は改装可能賃貸でも

目的では無いんですね。

 

何かお気づきの点がある方は

是非ご連絡ください!

引き続きよろしくお願いします。

 

Related posts

Top