アイデア7『住人工務店』

概要

line

家賃っていう、あたり前のシステムがあって、

賃貸のほとんどがその中で回っているけれど、

本当はもっと良い仕組みがあるのではないか?

 

という疑問から出発したアイデアです。

 

家賃を『原資』と考え、大家が住人に部屋の改装を

発注するよな賃貸があったら楽しいと思いませんか? 

 

ニーズ

line

<登場人物>

・大家さん

・住人

 

<大家さんのニーズ>

・古い物件を賃貸で貸したいが、借り手が見つからない。

・部屋の改装に費用をかけられない。

・でも家賃収入も欲しい。

 

<居住者ニーズ>

・安く住みたい

・部屋を自由に改装したい

 

 

ソリューション

line

・コンセプト:家賃で発注、住人工務店

・コアターゲット:改装可能賃貸に住みたい人

・サービス概要:

毎月の家賃を上限金額として、住人が家賃を原資に部屋を改装できるサービス。実際の支払い家賃は、基本家賃と実際にセルフリノベに使用した費用の差額。セルフリノベをすれば、するほど家賃が安くなる仕組み。

 

例)家賃8万円の場合

その月に2万セルフルノベーションに使ったとしたら、家賃は6万でOK。

【式】支払家賃 = 基本家賃 − 当月のセルフリノベ代

 

<大家さんへのソリューション>

・ものづくりスキルの高い住人の仲介

・住人を介した、物件再生

・セルフリノベのクオリティコントロール

 

<居住者へのソリューション>

・家賃からリノベ代を捻出できる仕組み

・セルフリノベーションのアドバイス

 ・対象物件の仲介

 

想定される課題

line

・住人が毎月、家賃の上限金額のセルフリノベを実施

 したら、家賃収入が得られないのでは?

→期間に縛りを儲ける(1年間のみ適応等)事で、セルフリノベの上限金額を決める。

・住人がセルフリノベに使用した金額か確認できるのか?

→領収書&改装箇所の写真で申請させ、翌月の家賃から清算する。

・家賃の上限を越えるセルフリノベを短期間にやる場合は?

→一番費用のかかる初期工事のみ例外を認め、リノベ費用を複数月の家賃から捻出。

 

こちらのアイディアにビビッと来られた方、

ご意見頂けますと幸いです!

 

 

Related posts

Top