アイデア6『隙間不動産』

概要

line

世の中に、セミプロみたいな人って

沢山いるんじゃないかなーって最近考えたりします。

本業は持ちながらも、学生時代からの活動をずっと

続けていたり、休みの日に自分の好きな事に没頭したり。

いつかは、自分の店を持てたらなーと考えたり。

 

たとえば、、、

 

・料理を作るのがめっちゃ上手い人

・コーヒーへのこだわりが尋常じゃない人

・本が大好きな人

・音楽のセンスが抜群な人 

・ファッションマニア

 

こういう人達って、もはやプロともいっていいような

スキルや知識を持っているのだと思います。

 

趣味として終わらせるにはものたりない、

もっと活動の場を広げて行きたい。

けど、いきなりその世界に飛び込むのはちょっと、、、

そういう想いを持っている人は沢山いるのではないでしょうか。

 

不動産の視点で、こういったセミプロの活動の場を

作れないか?そんな視点から考えたアイデアです。

 

 

ニーズ

line

<登場人物>

・大家さん

・活動の場を求める何かのセミプロ

 

<大家さんのニーズ>

・変形物件で借り手が見つからない

・活用方法の特にないちょっとしたスペースがある

 

<ニーズ>

将来何かの店をやりたいと思っているが、

いきなり出店・独立するのはリスク だと感じている。

 

休みの日を利用して、週に1日でもカジュアルに

店を出せる環境を欲している。

 

ソリューション

line

・コンセプト:隙間で出店

・コアターゲット:働きながらも、テスト出店したい人

 

<大家さんへのソリューション>

・借り手が見つからない変形物件の活用提案

・隙間スペースの賃貸提案

→新たな賃貸収入機会の創出

これまで店舗利用が困難だと思われていたスペースや、

貸し主が思いつかないような、場所を、

借り手に対して提案する。

▼例

→使われていない1階ガレージ部分をカフェスタンドに

→建物の外壁を、期間貸しのキャンバスに

→引退した店舗(現役引退した店舗)を貸し出し

→屋根付き駐車場を移動式店舗の駐車場に

 

・隙間物件を集めたメディアを立ち上げ、集客支援

 

<居住者へのソリューション>

・気軽に出店できる場の提供

・元々活用を考えていなかった場所のため、

格安で借りる事が出来る

気軽に自分のやりたい事を、公共の場にて

提供する機会が増える事で、本格出店する際のノウハウ

習得を低リスクででき、失敗率が低くなる。

 

 

想定される課題

line

・店舗出店となると、テストとはいえ物件に手を加える必要がある。

→ スペース募集の段階で改装可能のスペースに絞る(現状回復無し)

・商用利用を想定していないスペースのため、法制面が不明

→事前に出店ガイドラインを作成し、簡単にテスト出店できる環境を作る

 

こちらのアイディアにビビッと来られた方、

ご意見頂けますと幸いです!

 

Related posts

Top