アイデア4『建築学生不動産』

概要

line

私は、改装可能賃貸を借りて、

セルフリノベーションして住んでいます。

 

その背景には、物件の管理会社や、

フリーレントを提案してくれた担当者さんの理解が

あったからだと思います。

 

しかしセルフノベーションをして暮らすライフスタイルは

まだまだマイノリティーであり、

賃貸物件の改装許容度が低い事を考えると、

物件を貸す側にそのメリットが正しく認知されていない事が

考えられます。

 

確かに、貸す側が居住者にセルフリノベーションを

させる事を不安に思う点も一理あります。

 

部屋をめちゃくちゃにされたらたまったものではありません。

 

逆に、そこをクリアするアイデアがあれば、

物件を貸す側も喜んでセルフリノベーションを認めて

くれるのではないでしょうか。

 

ニーズ

line

<登場人物>

・大家さん

・建築学部の学生、若手大工、その他建築関係の若者

 

<大家さんのニーズ>

・空室問題を解消したい

・安い初期投資で部屋を奇麗にしたい

・リスクを少なく改装許可を出したい

 

<建築学生・若手のニーズ>

・学んだ技術を実践したい

・生活を実験の場にしたい

・安い家賃で住みたい

 

 

ソリューション

line

<大家さんへのソリューション>

・建築学生の仲介

・出資プランのコンサルティング

→初期費用を一部援助するか、家賃を安くするか等

・学生がセルフリノベして住む物件のクオリティーコントロール

 

<建築学生へのソリューション>

・改装可能物件の仲介

・改装内容への助言

・見積もり作成のアドバイス

・改装スケジュール、クオリティコントロール

・その他サポート

 

サービス詳細

line

プロには出来ない発想が学生にはある。

建築学生が作る夢の住まい。

 

・コンセプト:空室物件を建築学生の力で再生

・エリア:物件がある場所

・コアターゲット:空室問題に悩む大家、実践の場を求めるが建築系学生

EX 建築学科、大工、木工職人等

・ローコストでクオリティの高いリノベーション

・建築学生に実践の経験を提供

-改修プランの作成

-貸し主への提案

-スケジュール管理

-施工

 

全くの素人ではなく、建築の世界を志す

若者と大家さんをマッチングする事で、

改装可能にするハードルが低くなると考えました。

 

一度、改装された物件はベースがしっかり出来上がるため、

その後改装可能物件として貸し出しても、大きく

物件のクオリティが下がる事は無いはずです。

 

想定される課題

line

・建築系学生と絞っているので借り主の母数が少ない

→建築に限らず、者作りの技術を持っている人に広げる

→学校関係者と連携して学生の仲介を実施

・プロがやるよりもコストがかかるのでは?

→安い材料の仕入れ先等ノウハウを提供

・学生なので高い家賃だとそもそも住めない

→改装を条件に格安家賃で提供

→その代わり卒業後退去

→家主は次の募集で家賃改定

 

 

こちらのアイデアにビビッと来られた方、

忌憚なきご意見を頂けますと幸いです!

 

Related posts

Top