アイデア2『SOTO』

概要

line

電車や車で出かけると、

「ああ、ここはなんて素晴らしいんだろう」と

感動する場所に出会う事があると思います。

 

特別な魅力を持った場所。

日本には名前は無いけれど、そういった強い魅力を

持った場所が無限に存在するのだと思います。

 

そういう所でイベントや何か面白い事が出来たら

ステキだと思いませんか?

 

好きなアーティストを呼んで野外フェス。

自然とふれあうアートイベント。

大切な仲間達との手作り結婚式。などなど、、、。

 

こういったイベントは今まで「箱」の中でやるのが常識でした。

しかし、「箱から飛び出す」事で、これまで経験した事の無いような

ステキな体験が出来ると思います。

 

それを実現するのが、アウトドアイベントプラットフォーム

『SOTO』です。

 

ニーズ

line

<登場人物>

・イベントを開きたい人

・地権者

 

<イベントを開きたい人のニーズ>

・外でイベントを開きたい

・どうやって場所を探せば良いか分からない

・絶景の中でイベントを開きたい

 

<地権者のニーズ>

・町の魅力をアピールしたい

・地域活性化をしたい

・若者を街に呼び込みたい

 

ソリューション

line

<イベント主催者へののソリューション>

・地権者との仲介を行う

・地域住民への周知・協力依頼

・イベントに必要な機材の手配

・ケータリングサービス

 

<地権者へのソリューション>

・イベント開催希望者の誘致

・観光コンサルティング事業

 

サービス詳細

line

イベントを開きたい人と、地域活性化したい自治体とのマッチングプラットフォーム。

 

・コンセプト:イベント×地域活性化

・エリア:イベントを誘致したい自治体

・コアターゲット:外でイベントを開きたい人、団体

EX 教育機関、学校、音楽イベント主催者、アートイベント主催者、

ファッションイベント主催者、結婚式等

・地権者とイベント主催者との仲介

・イベント企画・サポート、機材の手配

・ケータリングサービス

・交通、警備の手配

・チケット流通

・宿泊手配

・DM、マーケティングツールの製作

 

想定される課題

line

・地権者とイベント主催者とのマッチングが上手く行かない

→お互いが共有できるイベントガイドラインの作成

・周辺住民への理解・トラブル防止

→地域住民への説明

→自治体の理解を得られやすいメリットの提案(交渉)

→周辺住民へ配慮したルールの徹底

・遠隔地への人の輸送

→交通会社との連携、サービスとしてパック化

・個人や、一団体レベルで開催できる予算感におさめられるかどうか、、、

→場所代は極力、人の誘致や地域へのイベント派生収入で相殺

 

 

こちらのアイデアにビビッと来られた方、

忌憚なきご意見を頂けますと幸いです!

 

 

Related posts

Top