About 改装可能賃貸って?

改装可能賃貸って?

line

ok

 

事前に貸し主と、改装範囲の合意を得る事で、

原状回復義務の無い賃貸物件の事。

 

回復義務がないからと言って

何でもやってよい訳ではなく、

「事前に合意を得る」というのがポイントです。

※建物の構造に関わる部分、

建物の共有部(外壁・バルコニー等)、

ガス・電気・水道系統など、

改装できない部分があります。

 

また、昨今では以下のように、

部屋の一部分をカスタマイズできる賃貸物件もあり、

改装範囲について正しい認識がめられていると言えます。

・壁紙が選べる賃貸

・キッチンなど内装も選べる賃貸

 

※通常の賃貸は※

日常生活で通常つく傷や汚れ以外、

退去時に住んでいた人が元に戻す義務があります。

(自然損耗の範囲についてはここでは言及致しません)

 

 

改装可能賃貸のメリット・デメリット

line

 

vs

 

<メリット>

・部屋を自分で改装できる

・通常の賃貸では得られない個性的な空間を手に入れられる

・飽きたら手を加えて、常に変化させられる

・通常の家賃相場に比べて割安な傾向

・間取りも自由自在

 

<デメリット>

・築年数の経った物件が多い

・古い物件は水回りも古い

→バランス釜のお風呂

→和式トイレ(おそらく少数)

→水質の劣化(水道管のサビ)

 

 

改装可能賃貸が、賃貸の地位を変える

line

 

free

 

※ここからは、私の主観になります。

「どうせ、賃貸物件だから」

これが今の賃貸物件の地位だと思います。

いずれ持ち家を持つまでのつなぎ、

寝に帰るだけの寝床、

自分のものではないから仕方ない。

 

しかし、多くの人が賃貸物件と関わり、

多くの時間を過ごしている事は事実です。

 

高校を卒業して、社会に出て一人暮らしを始めた人がいたとして、

その人が30歳に家を購入したとしたら、

その間の「約12年間」賃貸物件に住む事になります。

人生80年だとしたら、約8分の1。あまりにも長い時間です。

 

とても必要なものなのに、あきらめられている。

この歪んだ構造の中に賃貸物件は存在しています。

 

改装可能賃貸は、そこに対する1つの解決策。

日常をクリエイティブなものにし、

毎日に活力を与えてくれます。

 

まだまだ、このようなライフスタイルはマイノリティだけど、

これがあたり前になればもっと日本は面白くなるはず。

 

もちろん、ライフスタイルは

誰から強制されるものでもなく、

個人の自由です。

 

なのでちょっとでも、自分に合うかも?

と思った方は是非チャレンジしてみてください!

 

そのためのサポートについては、

CREATIVE HIKINGで出来る限りさせていただきます!

ご質問等、お気軽にどうぞ!

creative.hiking@gmail.com

 

Related posts

Top