Art Aquariumでの気づき

今話題の「Art Aquarium」に突撃してきました。

 

★「Art Aquarium」

http://h-i-d.co.jp/art/

 

突撃という言葉を使った理由は、

男2人で行ったからです。

 

案の定、現場には「愛」があふれておりました。

カップルを中心に超超超満員の大盛況です。

正直きつかったっす。

 

まあ、そんな事はさておき、

「Art Aquarium」に行って個人的に思った事があるので、書きたいと思います。

 

理屈抜きの感覚に訴える表現

bar

 

まず思ったのは、アクアリウムとアートの組み合わせが

「新しい」ということ。

 

細かい事を言うと、

アクアリウム × アート × ライティング

の合わせ技だと感じました。

 

よく、アートにありがちな、小難しい思想だとか、理屈抜きに、

素直に「きれい」「美しい」と感じられる表現です。

「光」、「水」、「魚の動き」この視覚に訴えかける3つの要素が、

それを実現しているのだと思います。

 

夜景のきらめきや、清流の流れ、色とりどりの魚達が泳ぐ様子。

こういったものを「醜い」と感じる人はなかなかいません。

そういった意味で「普遍的」な美なのではないでしょか。

それを上手く組み合わせて、アートとして表現したのが、今回の展示だと私は解釈しました。

 

理念や信念を表現するものではなく、

きれいなものを、もっときれいに見えるようにした、

すごくシンプルで分かりやすい表現だと思います。

 

分かりやすさの重要性

bar

 

今回の展示は、芸術というよりもエンターテイメントに近いかもしれません。

芸術とは?エンタメとは?と詰問されると

薄い事しか言えないのですが、そんな気がします。

 

個人的には、芸術は見る側にそれぞれの「解釈」を求める物で、

エンターテイメントは、あらかじめ目的が決まった予定調和的な物だと思います。

「ねぇ、きれいでしょ?」みたいな押し付けがましさがあるのがエンターテイメントで

「…あなたはどう思う?」みたいな作者の問いかけが聞こえてくる物が芸術というイメージです。

※人それぞれの解釈があると思うのでさらっと流してください。

 

今回の展示はそういった意味で、エンターテイメントに近い「わかりやすさ」がありました。

分かりやすいからこそ、沢山の人の感度に引っかかりやすかったのだと思います。

集客力のあるコンテンツを生み出すには、普遍的な美に訴えかける事は

非常に重要な事だと分かりました。

 

もし、1人の若手芸術家がいたとして、

常人離れした難解な作品の個展を開くとしたら。

どう集客すれは人が集まるのか。

今までの文脈を踏襲すると、見せ方をエンタメ的にすればいいのだと思います。

 

作品の中から普遍的な美に通じる要素を抽出し、

組み合わせてポスターやフライヤーを作る。

そのままを出すよりよっぽど人が集まるはずです。

集客の能力は「編集力」と言っても良いかもしれませんね。

 

ちょっと話はずれてしまいましたが、

伝えたい事があるときは、「エンタメ的に!」これが今回の学びです。

 

Art Aquariumに行ってそんな事を考えた次第でございます。

開催期間は9月23日までとの事ですので、気になった方は是非行ってみてください!

Tags

Related posts

Top