Enlightenment / エンライトメント

この表現、この質感、この雰囲気ならこの人。

 

瞬時に人の印象に残り、もう一度みたときに

「あ!あれだ!」と思わせてしまう。

 

そんな強くもしたたかな存在を見つけると、

とても嬉しい気分になるとともに、強烈な嫉妬心を抱いてしまいます。

人の気持ちって矛盾だらけですね。

 

そんな作品の一つが、Enlightenment / エンライトメントという

アーティストユニットの作品です。

 

広告などで目にした事のある方もきっと多いと思います。

 

Enlightenment / エンライトメントとは

bar

 

1997年、ヒロ杉山が中心となり結成。ヒロ杉山、松井正憲からなるアーティストユニット。
ファインアートの世界で国内外の展覧会で作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、展覧会のキュレーションなども行い、グラフィックデザイン、広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表しつづけている。
Enlightenment / エンライトメント http://elm-art.com

 

時に嫉妬心を覚えるような、「やられた!」と思うような表現。

遠くからみると、写真かと見まがうような写実性。

 

一方で、近づいてみるとそれは色と色のブロックの組み合わせで、

境界線がくっきりと分かる、絵画的なものもあります。

 

見る人に発見を体験させる事。

説明するのではなく、発見してもらうというのが肝だと感じました。

誰でも、説明されると眠たくなるし、身構えてしまいます。

そうじゃなくて、自分で気づいた!という実感は、自動的にその人の心に深く残るのです。

 

そうやって、こういった作品達は人の心の奥にしたたかに

侵入してくるのですね。

 

くそう、もうその手にはのらないぞ・・・!

 

と思いつつ、やっぱりかっこいいわ。

気になった方は、エンライトメント、チェックしてみてください。

 

スクリーンショット 2013-08-20 1.54.01

Related posts

Top